FX取引は何歳から可能なのか

FX取引と取引開始可能な年齢について

そもそもFX取引とは

金融商品として考えた場合、FX取引が比較的扱いやすい金融商品であるという点については認めざるを得ません。
前提として金融商品自体、決して扱いやすいものではありませんし、金融関係の知識はもちろん、金融商品の性質ごとに必要な知識を学ぶことが求められることから、必然的に膨大な知識量を求められることになります。
どんなに扱いやすいとは言っても、この点はFX取引も他の金融商品と同じでしょう。

つまり、FX取引で利益を上げるためには前提として、FX取引について徹底的に学ぶ必要があります。
多くの場合においてFX取引に臨む新規の個人投資家は、FX取引についての学びが不十分と言わざるを得ず、センスで補えるFX取引に向いた一部の例外を除き、FX取引の知識が不足しているために利益を上げることができないわけです。

もちろん、それなりの資金が用意でき、最低限の自衛ができるだけの知識を身につけていれば、FX取引を継続的に行うことで経験を積み重ねることも不可能ではありません。
FX取引で安定的に利益を上げるまでに10年を費やしたという話は珍しくないのです。

結局、FX取引で利益を上げることを望むなら、FX取引についての勉強をしっかり行い、継続的にFX取引を行うことで経験を積んでいかなければならないので、一定程度裕福な家庭で生まれたのでもなければ、極めて難しいです。
少額の利益ならいざ知らず、FX取引のセンスが突出しているような場合を除き、生活可能なレベルの利益を上げるのは現実的ではないと言えます。

FX取引で利益を上げるのは現実的か否か

FXは外国為替証拠金取引の略称で、外国為替証拠金取引において担保金を用いた差金決済行うことを意味します。外国為替の両替取引を介して利益を上げることから、為替を扱う金融商品の一種であるものの、扱いが難しい金融商品としては比較的扱いやすい金融商品です。

FX取引が可能となるのは何歳からか

基本的にFX取引のためには口座の開設が必要です。口座を自分で開くことができる成人年齢がFX取引を開始可能となる年齢であることから、以前は20歳がFX取引の開始可能な年齢で、保護者の同意がある場合のみ18歳からFX取引が可能でした。成人年齢が引き下げられた現在は18歳でFX取引を始められます。

FX取引のメリットとデメリット

FX取引のメリットは利益が金銭という形で反映される点をはじめ、少額からの取引が可能であることです。資金があれば経験を積むことができる点、平日なら24時間取引可能である点に加え、円の下落に強い点で、取引に失敗すると金銭を失ってしまう点や成否の個人差が激しい点がFX取引のデメリットでしょう。